貧乏リーマンの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『たんめん専門店 百菜』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜

<<   作成日時 : 2017/09/26 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お店情報

たんめん専門店 百菜
料理
ラーメン
地域
川崎駅周辺
店名
たんめん専門店 百菜
所在地
川崎市川崎区駅前本町26-1
アトレ川崎 B1F ラーメンシンフォニー
経営・系列
株式会社 ケンコー
喫煙
不可
紹介訪問日
2017/09/24
天気
快晴
客入り
繁盛!
衛生
小奇麗

お店の概要

『たんめん専門店 百菜』は、JR川崎駅の駅ビルであるアトレの地下1階、”ラーメン・シンフォニー”というラーメン集合施設の一角を担うラーメン屋です。

JR川崎駅改札を出て東口方面に向かい、階段手前の右側にあるアトレ入口に入ります。そのまま進んで右に曲がるとエスカレーターがあるので、そのまま地下まで下りましょう。下りて右手が『たんめん専門店 百菜』です。雨に濡れることなくお店を訪問できますね。京急川崎駅からも「地下街アゼリア」を使ってJR川崎駅に行けば、同様に濡れずに訪問可能です。

『たんめん専門店 百菜』は集合施設内のラーメン店なので、当然ながら他に競合店がいます。すでに当ブログでは紹介済ですが、『なんつっ亭』、同系列の『麺家 徳』『大山』『いちや』の面々です。しかしながら、"ラーメン・シンフォニー"では『たんめん専門店 百菜』が一番人気で、人が並ぶこともあります。

『たんめん専門店 百菜』は「株式会社 ケンコー」が運営するラーメン店です。"百菜"としてのブランドでは他に支店はありませんが、主にラーメンや中華系の店舗を運営している会社です。同じ"ラーメン・シンフォニー"にある『麺家 徳』もこの会社の運営です。ちなみに、『麺家 徳』の方が1年半ほど早くオープンしています。

日に日にお客さんが減っていく"ラーメン・シンフォニー"ですが、『たんめん専門店 百菜』は結構、お客さんが集まります。そうは言っても、やはり施設の集客力が落ちてきたのか、最近はランチ・タイムでも並ばずに入店できるようです。どのお店も高いわけでもまずいわけでもないので、ランチのピーク時に食事をするのなら、比較的待たされることのない”ラーメン・シンフォニー”を利用されるといいでしょう。

店内・サービス

入口の外の右手に食券機があります。店内は小奇麗です。奥が広い厨房で、その前にカウンターがあります。中央右付近に何故か柱があって、それを囲んで背の低いカウンターがあります。入口から左は4人掛けのテーブル席があり、一口左手も同様です。

厨房には男性が3人、ホールには女性が2人います。厨房を含めてスタッフのほとんどはアジア系で、日本人はたまにしか見かけません。接客レベルは企業チェーンにしては高くはなく、気配り等は期待できませんね。だからと言って、不快でもないので相応でしょう。

料理の感想

野菜がたっぷり480g(豚やゲソ、ナルトを含む)が売りのタンメンです。かつての蒲田タンメンとは違って、豚骨と鶏ガラのシンプルなスープを使っていて、豚骨ラーメンやちゃんぽんのような白いスープです。しかしながら、クセや臭みもないどころかとても控えめな味加減になっています。

お客さんの"健康志向"を意識した味加減ですね。そのわりには、ボリュームが多いです。麺の量も相応ですし、火を通して嵩が減ったとはいえ480gの野菜です。最早、"あっさり二郎系"とも言えそうな位置付けです。その分、後半は味的に物足りなさから口飽きが来ます。卓上調味料に工夫が欲しいですね。

メニューにハーフサイズがある理由は、女性や子供、普通の食の方にレギュラー・サイズは多すぎるからかもしれません。ハーフの割に価格が高めな設定であるのは、サイド・メニューの注文を促して客単価を上げるためでもあるでしょう。

食べ盛りやメタボ中年なら180円を足して、半チャーハンやミニ丼、餃子、から揚げを加えてもいいですね。家族連れや団体なら、サイドをみんなでシェアもありでしょう。

ラーメン店としては、"ラーメン二郎"や"野郎ラーメン"のような"ガツ盛り系"ほどに力強さはなく、"リンガーハット"のような大人しいちゃんぽんと比べて麺が違う位で高めの価格設定。「ケンコー」が支店を展開していないのはまだ試験段階からかもしれませんが、たまたま川崎駅周辺だったので、中途半端さが目立ったのかもしれません。比較されるラーメン店やちゃんぽん屋が川崎駅周辺にありますから。

どうしても味では"ガツ盛り系"に、量と価格なら『リンガーハット』に後れを取っていますね。しかも、『リンガーハット』のように国産野菜を謳えないのでは、競争力は落ちてしまいます。どうやら、一発テコ入れが必要な時勢が訪れたようです。

今日のメニュー

毎日野菜たんめん
メニュー名
毎日野菜たんめん
お値段
740円
お気に入り度
★★★☆☆ 普通
満足度
★★★☆☆ 普通
ボリューム
★★★★☆ 多目!
味付け
★★☆☆☆ 控えめ
売り

駅近で雨の日も濡れずに安心!

意外にボリュームがあって満腹!!

1日の野菜350gを大幅に上回る480gが食べられます!!!

食事の構成

白玉斑丼

シンプルなどんぶりですね。麺がギュウギュウに入っています。

中太平打麺やや縮れ

ツルツルとして噛むとプッツリした食感の角ばった平打麺です。

麺が黄色いので玉子麺に見えますが、食感的にはかん水麺に思えました。クチナシで色を付けているのかもしれませんね。どちらにしろ、締まったきしめんみたいな感じで、個人的には結構好きだったりします。

『百菜』では麺の硬さを選べます。ただし、元々硬めな麺なので、私は普通にしていますがね。

スープ
豚骨鶏ガラスープ

豚骨と鶏ガラのあっさりしたシンプルなスープです。豚骨の臭みやクセは全くないので、豚骨が苦手な方にも安心でしょう。

タンメンなので野菜を炒めた後にスープで軽く煮立てますが、そのおかげで若干ですが野菜の旨味がスープに溶け込んでいます。それでも、力弱さを感じてしまうスープですね。

塩気は十分ですが、麺の湯切りの甘さと具材の淡泊さも相まって、心持ち締まりの弱い味に感じました。なので、私は卓上のコショウを使います。多少振るだけでも、味に芯が生まれますね。

なお、天盛のおろしショウガは増量無料なので私は増量しますが、個人的にはおろしニンニクも欲しいところです。

野菜類
11種

野菜がウリのお店だけあって、量だけではなく種類も豊富ですね。モヤシ、白菜、キャベツ、キクラゲ、コーン、タマネギ、長ネギ、ニラ、チンゲン菜。それに加えて無料で増量可能な天盛のおろしショウガです。

ただし、7〜8割がたは原価の安いモヤシです。コストの嵩むニンジンやチンゲン菜、ニラは彩りどころか申し訳程度で、白菜やコーン、キクラゲでモヤシラーメンとの違いを出しています。ちょっと、寂しいですね。

野菜類は主菜類とともに中華鍋で炒め、スープで一煮立ちしています。その分、野菜類は全体的に火が強めに入っています。シャキシャキした食感が残っていないことが残念です。

主菜類
3種

主菜類は豚肉とゲソ、ナルトです。野菜ではありませんが、トッピング480gにカウントされていると思います。豚肉は焼肉サイズが3切れ程度でゲソはモンゴウの足1本分位、ナルトは2切れです。

豚肉はラーメンで言えばチャーシューに代わる食材です。量的にも同僚でしょう。野菜類と一緒に炒めるせいか、火の通りは弱めです。スープで一煮立ちして丁度の火の通り加減になっています。丁度いい仕上がりなので、肉の旨味が弱いことに気づいてしまいました。

ゲソはもちろん冷凍輸入ものでしょうし、ナルトは卵白とデンプンたっぷりの代物です。"タンメン"では定番の具材ですし、コストも安くてボリューム感も出せるので採用した感じですね。

卓上調味料など

卓上調味料など
卓上調味料はサイド・メニューを意識した構成ですね。しかしながら、「料理の感想」でも書いた通り、全体的な味が弱い上にボリュームもあるので、後半はどうしても味気なく感じてしまいます。口飽きするんです。

企業系の"家系"のラーメン店を見習って、卓上調味料で独自に味の調整ができるようにするといいのではないでしょうか。丁度、2軒隣の『麺家 徳 アトレ川崎店』は"家系"のラーメンを出していて同じ企業の経営です。自家製辣醤をこちらに置いてもいいでしょう。

ラーメンの味を好みに調味、をコンセプトに豆板醤やおろしニンニク、ゴマ、魚粉あたりを揃えると、新たな客層が得られそうですね。コスト増になりますが、投資として客を増やせればいいですが。

餃子タレ

辣油

コショウ

唐辛子粉

他のメニュー

毎日野菜辛たんめん

2017/07/29

毎日野菜辛たんめん

790円

タンメンに辛味を足しただけ、ですが、シンプルたんめんよりは味わいが深くなります。もちろん、辛さは万人向けで、辛いもの好きには辛さが感じられない程度です。

2017/09/24

"たんめん"の具材

トッピング総量480gの『百菜』の具材です。野菜ではないものもありますが、かなりのボリュームですね。
お品書き

2017/09/24

お品書き

『百菜』のメニューとなります。期間限定メニューが右下の目立たないところにありますね。逆に上段の目立つところには、麺のセット・メニューが。

「食べログ」

nts-001
.A11B00,.A22160,.A1A000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『たんめん専門店 百菜』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜 貧乏リーマンの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる