『なんつッ亭 川崎店』 ~ 今日のランチ!- ラーメン編 川崎駅周辺 ~

お店情報

なんつッ亭 川崎店
料理
ラーメン
地域
川崎駅周辺
店名
なんつッ亭 川崎店
所在地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1
アトレ川崎 B1F
経営・系列
株式会社 16スピリット
(なんつッ亭から法人化)
喫煙
不可
紹介訪問日
2017/04/16
天気
晴れ時々曇り
客入り
そこそこ
衛生
小奇麗

お店の概要

"熊本地震"から1年。いまだ傷跡は消えていませんが、これからの復興を祈るばかりです。この災害を糧に、地震に強い街作りがなされるでしょう。

さて、熊本と言えば、博多・久留米とは一味違う豚骨ラーメンが思い浮かびます。有名処は『桂花ラーメン』でしょうが、首都圏なら『なんつッ亭』も知られたお店でしょう。

『なんつッ亭 川崎店』はJR川崎駅ビルのアトレの地下、「ラーメン・シンフォニー」にあるお店です。改札を出て右へ向かい、下り階段の手前側からアトレに入り、右側にあるエスカレータで地下まで降りられます。徒歩5分程度で雨にも濡れずに訪問が可能です。

「ラーメン・シンフォニー」はラーメン集合施設で、すでに紹介した『中華そば いちや』『らぁめん大山』の他に、『麺家 徳』や『たんめん専門店 百菜』がここで運営しています。豚骨魚介や家系がラーメン屋の大半を占める川崎駅周辺で、それらとは違うラーメンが食べられる施設です。

『なんつッ亭』の発祥は、熊本ではなく神奈川県秦野です。ご主人が熊本で1年間修業して、1997年に地元の秦野で開店したそうです。今は「株式会社 16スピリット」と会社化して海外店舗もあります。意外に店舗は少ないですね。

「ラーメン・シンフォニー」が寂しいせいか、平日の昼時でも並ぶことはあまりないでしょう。大半がカウンター席なので、複数人での平日利用はバラバラの食事になるかもしれません。

店内・サービス

ちょっと、変形の店内です。入って左手に食券機があります。中央はおおよそコの字型のカウンターで、左側奥は4人掛けのテーブルが二つ。厨房は広めですが、L字型になっているんですね。

昨今の飲食業は人手不足が謳われますが、こちらも苦労しているのかもしれません。厨房の男性3人にホールの女性2人。厨房の店長らしき人を除いてアジア系と中東系です。

しかし、接客は丁寧で日本語も十分。仕事に対する意欲さえ感じます。『なんつッ亭』と言えば、神奈川ヤンキー風の気合の接客のイメージがありましたが、さすがにそうはいきませんね。しかしながら、こういったアジア系や中東系の方々が、これからの日本の飲食店を担っていく姿を見たと思いました。

料理の感想

この店でも「品達」でも食べていますが、今回は気張って1,050円の"スペシャル"にしました。トッピングのボリュームが売りのラーメンですが、これは多いな。麺は見えないし、どんぶりが小ぶりなので、最初はどうしてもトッピングは個別で食べることになります。

見た目のインパクトに主体を置いた感じですが、ちょっと食べづらい。スープの量も控えめなので、最後の方にならないとモヤシや白髪ネギが活きてきません。

お値段的にはサイドやトッピングが少し高めな設定。ボリュームを重視する方は直ぐに1,000円を超えてしまいます。

『なんつッ亭』では、熊本ラーメンだけではなく、魚介系や鶏白湯の辛い系、つけ麺など、"濃厚"のコンセプトの下に、首都圏の方でも安心して食べられるラーメンも提供しています。個人的には、「辛味噌らーめん 猛烈タンメン鼻血ブー」を食べてみたいですね。

今日のメニュー

なんつッ亭スペシャル
メニュー名
なんつッ亭スペシャル
お値段
1050円
お気に入り度
★★★☆☆ 普通
満足度
★★★☆☆ 普通
ボリューム
★★★★★ 満腹!
味付け
★★★★☆ 強め

食事の構成

白切立丼

家系風の少し小ぶりなどんぶりです。"スペシャル"のようなトッピングが多いラーメンでは全体を混ぜることができませんね。

細麺ストレート

博多麺からすると太めですが、中細麺よりはやや細めの麺です。麺自体は博多麺と同様ですが、太めなので博多麺のプツ、より弾力のある麺になっています。

スープ
熊本豚骨白湯

豚骨が前面に出たシンプルなスープです。適度に濃厚でまろやかなお味で、クセもなくてマー油のおかげか臭みもありません。強烈な豚骨ではなく、クリーミーで落ち着いた仕上がりです。

コスト的な問題か、スープの量は控えめに感じました。スープを残す人も多いですしね。

あぶら
マー油

マー油はニンニクを揚げて作った油で、ニンニクの焦げた風味でスープが芳ばしくなります。全体を覆う量が入っています。

『なんつッ亭』ではニンニクの揚げ加減を数段階に分けてマー油を作るそうです。香ばしさだけではなく、ニンニクの風味も活かした油です。

焼豚
厚めしっとり

煮豚タイプのちゃーしゅうです。トロトロ仕上げではありませんが、箸で掴むとポロポロと崩れる煮加減。そして、肉の旨味を感じられます。

私は蒸し煮や湯煎でチャーシューを作りますが、それと同じ仕上がりです。中に火を通しますが通しすぎない加減のちゃーしゅうでした。低温調理なのかもしれませんね。

玉子
半熟煮玉子1個

ほとんど色が付いていない玉子ですが、黄身は濃厚です。メニューでは半分に切ってありましたが、実物は丸一個です。半熟具合はトロけないギリギリで、かえって切ってなくてよかったです。

野菜
茹でモヤシ

茹で加減抜群のシャッキリでパキパキのモヤシがたっぷり入っています。茹で加減もさることながら、普通のモヤシと比べて細いモヤシで、たまたまかもしれませんが芽や根がないので食感が非常にいいです。

白髪ねぎに埋もれていますが、スープに浸かっているわけではありません。そして、味付けもされていません。小ぶりなどんぶりではどうしても、最初はモヤシとネギばかり食べることに。

黒コショウとゴマ油で和えておくか、ラー油をかけておいてくれると、食べいいんですがね。卓上のラー油を少しかけるか、こぼさないようにどんぶりの端に寄せて、麺を減らしてからスープと合わせるといいでしょう。

ネギ
長ネギ千切り

モヤシの上に白髪ネギが山盛りにのっています。モヤシと同様、食味に清涼感を与えて口飽きを防ぎます。

こちらも量が多いですね。モヤシと同様の問題と対応です。

ネギ
青ネギ小口切り

小口切りが全体に散らされています。薬味というよりは彩ですが、見た目も味のうちです。

海苔
3枚

ザックリとした海苔です。最近、このザックリと食感のいい海苔を使うお店が多くなったように感じます。

博多もんとしてはラーメンに海苔は不要ですが、スープが染みた海苔は白ご飯のお供にいいでしょうね。

ニンニク
刻みニンニク

注文時にニンニクを乗せていいか、聞かれます。香りが気になる方は遠慮しましょう。

豚骨系ではニンニクが合いますね。風味を加えて味に深みを出します。

卓上調味料など

ニンニク
卓上調味料はシンプルですね。醤油、酢、ラー油です。

まさに餃子用でしょうが、"スペシャル"では天盛りの白髪ネギやモヤシにラー油をかけるといいでしょう。
醤油
ラー油

他のメニュー

セットメニュー
セットメニュー
チャーハン、あるいは餃子のセットです。
グランドメニュー
グランドメニュー
熊本ラーメン以外も豊富です。

「食べログ」

「食べログ」の評価(評点)に関して
「食べログ」における評価は、当ブログも含めてあくまでも個人の嗜好と主観による判定であり、万人向けの絶対の基準ではありません! お好みのお店を探すにあたっては、評価(評点)ではなく複数件の直近のレビューを閲覧され、具体的な料理の味やサービスなどを参考にされることをお薦めいたします。
.A12120,.A1A000

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック