貧乏リーマンの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 豚スペアリブとたっぷり野菜のトマトスープ 〜 ある日の晩ごはん 2016/11/05 〜

<<   作成日時 : 2016/11/06 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

豚スペアリブとたっぷり野菜のトマトスープ

種類
洋食
豚スペアリブとたっぷり野菜のトマトスープ
炭水化物抜きダイエットは継続中ながら、毎夜ではありません。主食のない献立は中年親父には結構難しかったりします。なので、この季節に思いつく料理は鍋。

鍋だとビールが欲しくなるので、今回は鍋を使ったメインとなる具だくさんスープにしました。ダイエットと兼ねてアルコールも控えようとしています。でも、結局呑んじゃいましたが。

主食は省いてサイドを用意しましたが、普通に食事ならオイル系のパスタを添えたいところです。まぁ、このスープにマカロニやペンネを加えてもいいでしょうが。

豚スペアリブとたっぷり野菜のトマトスープ
(カロリー:379.0kcal)

豚スペアリブとたっぷり野菜のトマトスープ
冷蔵庫の余り物の整理で作った熱々のトマトのスープです。ジャガイモが少し煮崩れたのでスープに少しトロみがつきました。でも、トマトの旨味と相まってコクのある味に仕上がりました。

長めに煮込んだのでお肉がやわらかくてホロホロ! スープにフォークとナイフを入れて切りますが、簡単に切れます。骨もスル、と外れますよ。

野菜は約360gの具だくさんスープですが、メインと別に用意するならこの量で2〜3人分になります。お洒落に作るなら、野菜の彩りも考慮するといいですね。

今回は手抜きバージョンで作っています。丁寧に作ればおしゃれになって、冬のイベントメニューの彩りに使えますよ。

材料(1人分)

豚スペアリブ
50g
ジャガイモ
小半分:35g
ニンジン
25g
ダイコン
25g
レンコン
25g
キャベツ
50g
タマネギ
中1/4:40g
ナス
小半分:30g
ピーマン
小1個:30g
カイワレ
適量

【トマトスープ】

カップ2
白ワイン
カップ1/4
おろしニンニク
小さじ1
鷹の爪
1/2本
ブイヨン()
小さじ1
濃口醤油
大さじ1
ホールトマト
100g
ローリエ
1枚
塩・コショウ
適量
タイム・セージ(パウダー)
適量

【肉の下味】

赤ワイン
大さじ1
適量
コショウ
適量

補足

肉は小さめです。メインにするなら80g程度がいいでしょう。
お肉は鶏・豚・牛のシチュー用の肉でもいいですし、ラム肉も安くていいですね。他に塊のベーコンやウィンナーなどがあいます。
野菜は何でもいいですが、根菜を主体にした方が食べ応えがあっていいでしょう。
ハーブ類はお好みで選択してください。バジル・オレガノなどで風味が変わりますよ。
ベランダのイタリアン・パセリがダメになってしまったので、代わりに冷蔵庫でそろそろ危なくなってきたカイワレを添えました。

作り方

1
肉は赤ワインに1時間ほど漬けて置き、汁気を切って塩・コショウを振ります。
2
根菜と実野菜は親指くらいのサイズに乱切りにし、キャベツは大きめにざく切りにします。
3
ホールトマトはスプーンで実を崩しておきます。
※ミキサーや裏ごし器を使うと楽です
4
魚焼き用の網を強火で熱し、キャベツ・カイワレ以外の野菜と肉の表面を焼き付けます。
※表面を焼き固めるだけで、中には火を入れない
5
鍋に肉とジャガイモ・ダイコン・ニンジン・レンコンを入れ、水と白ワインを加えて強火で煮ます。
※硬い野菜を先に入れます
6
煮立ったら灰汁を除いて弱火にし、ニンニク・鷹の爪・ブイヨン・醤油・ローリエを加えて30分ほど煮ます。
7
カイワレ以外の残りの野菜を加え、ホールトマトを加えて20分ほど煮ます。
8
塩・コショウとパウダーのハーブで味を調えます。
9
温めた器に具を盛り付けて、スープを注いでカイワレを飾ったら完成です。

補足

肉に味が染みるまで煮込みませんので、下味はつけておきましょう。
野菜は食べ応えがあるように大きめに切ります。
肉と野菜は煮崩れしにくいように表面を焼き固めておきます。240度のオーブンでもいいでしょう。
面倒であれば、フライパンに油をしいて焼き付けてもかまいません(カロリー計算外)。
さらに面倒であれば、この工程は省いてしまいましょう。
焼きや蒸しなどの下処理をしなかった肉は驚くほどの灰汁がでますので、丁寧に灰汁を除いてください。
実野菜などの火が通りやすい野菜は、根菜に火が通ってから投入します。
野菜は食感が残る程度に火を入れていますが、煮崩してミネストローネにしてしまってもいいでしょう。
パウダーのハーブは香りが飛んでしまうので、最後に投入します。
味加減は、汁気が煮詰まって濃くなっていくので最後で調整です。最初に薄く塩・コショウをしておいてもいいでしょう。
最後に摩り下ろしたチーズや粗挽きの黒コショウを振ってもいいでしょう。
◎イベントメニューなら、ちょっとお洒落に!
・野菜は丸ごと、半分、4つ割など豪快に
・根菜などの火の通りにくい野菜は事前に蒸しておく
・全ての野菜の火の通りは均一にする
・肉は焼き付けた後に20分ほど中火で蒸す
・蒸した肉は醤油・みりん・赤ワイン・少量のニンニクのタレに30分ほど漬け込む
・漬け込んだ肉はバーナーで焼きめがつくように炙る(グリルでも可)
・肉は煮込まないか、最後に軽く煮込む
・器に具材を彩りよく盛り付け、スープを静かに注いで見栄え良く
・蓋があれば蓋をして供するとおしゃれに

レタスとキュウリとプチトマトのゴマドレッシングがけ

レタスとキュウリとプチトマトのゴマドレッシングがけ
普段はドレッシングを使いませんが、野菜がどれも萎れ気味なので。今年はレタスの値動きが激しすぎて、128円だったのがしばらくすると298円になったりで、購入タイミングが難しいですね。

目玉焼きとウィンナーとマイタケとプチトマトのソテー

目玉焼きとウィンナーとマイタケとプチトマトのソテー
朝食や軽い夕食ならメインにもなりますが、炭水化物ダイエット中なので主食の代わりに用意しました。

ウィンナーとマイタケとプチトマトを先にソテーして、油を足して玉子を焼きます。マイタケが油を吸うんですよね。少しカロリーアップに。

玉子はボウルに入れてから静かにフライパンに流します。火加減は中火。白身が固まったらお水ではなくお湯です。温めた白ワインやブイヨンがお薦め。後は蓋をして30秒で、しばらく置くとトロトロ黄身の目玉焼きに!

熱いうちに塩・コショウで頂きました。
※カロリーを表示している場合、栄養成分表に基づいてグラム換算で算出しています
※ただし、使用した食材にカロリー表示がある場合は、そちらのカロリーで算出しています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豚スペアリブとたっぷり野菜のトマトスープ 〜 ある日の晩ごはん 2016/11/05 〜 貧乏リーマンの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる