貧乏リーマンの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『まくり家 川崎店』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜

<<   作成日時 : 2019/02/25 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お店情報

まくり家 川崎店
料理
ラーメン
地域
川崎駅周辺
店名
まくり家 川崎店
所在地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1
川崎駅前タワーリバーク 1F
経営・系列
家系(新丸子に本店)
喫煙
不可
無料・割引サービスなど

ライス無料(お替りも)

スタンプ(5個でトッピング/10個でラーメン1杯無料)

紹介訪問日
2016/11/06
天気
快晴
客入り
繁盛!
衛生
きれい
会計方法
食券機:現金のみ
配膳/お冷
配膳:手渡し・店員が配膳/お冷:セルフ(卓上にコップ・卓上にポット)
お箸/他
お箸:箸入れ・割箸
カウンタ:11席+4人テーブル:1卓+2人テーブル:2卓

お店の概要

『まくり家』はJR川崎駅隣のビル・リバーグにある家系のお店です。2016年11月で開店2周年の新しいお店。場所もJR川崎と京急川崎の中間あたりで、どちらの駅からも近いです。信号がないぶん、JR川崎駅からの方が楽ですね。

上司が家系好きだったので、1年前まで川崎勤務の頃は度々訪れていました。このお店ができる前は『雷家』『壱六家』でしたが、このお店、私が勤める事務所から信号なしで訪問できる上に、アゼリアを使えば雨の日でも傘なしで行けるんです(地下道出口からリバーグまでの5mくらいは濡れます)。

近隣のラーメン屋はJR駅地下の「ラーメン・シンフォニー」と京急川崎駅の『太陽のトマト麺』、『天下一品』、『らーめん萬○屋』。こちらと同時期に開店した『壱角家』ですね。家系では「ラーメン・シンフォニー」の『徳』『壱角家』が競合します。

ネットの家系家計図によると元祖吉村家直系のお店の支店、のようです。純家系のお店は上記に上げた中ではこのお店だけとなります。川崎駅周辺には東口だけで他に6件の家系がありますので、比率は多いですね。まぁ、10年前は東口に新店舗の『武松家』を入れて3件しかなかったので、お隣横浜を代表するラーメンの進出が遅れていただけかもしれませんね。

ちなみに朝11時からやっていますので、少し早めの食事にもいいでしょう。私も『美豚(閉店)』がまだ開店していなかったので、こちらのお店まで足を伸ばしました。平日の昼時は大混雑です。12時から12時半は外した方がいいでしょうね。

店内・サービス

入って右に食券機があり、左奥側が厨房です。厨房を囲むようにL字のカウンターがあり、右手は手前壁側が3人掛け程度のカウンターで、奥側がテーブル席になります。きれいで明るい店舗ですが、若干窮屈ですので、家系好きのメタボな方は抜けられなくなるかもしれません(失礼!)。

店員は家系どこでもそうですが、気合の入った元気の良さです。店舗入口に人が近付こうものなら、「いらっしゃいませ!」です。たまたま近くを通っただけの通行人にも容赦はしません!

店員さんは若い男性が2人とやや若い女性が1人です。男性店員の1人はかなり若いようです。本日(2016/11/06)はお客さんが食券機の前に立つたびに、開店2周年には一切触れずに「タン塩らーめん」を気合の入った声で薦めていました。食べてみてもよかったんですが、今回はこの記事を書こうと思ったので...。とりあえず、普通に。

料理の感想

豚骨の旨味が凝縮されたクリーミーな味わいのラーメンです。平打ちもっちりの太麺も相性がいいですね。家系の中では結構私好みな感じです。

ライスが無料です。スープの油をかけて、おろしニンニクをのせて、コショウを振って、ガーリック・ライス風にして食べるといいそうです。

他のラーメンを食べたことがないのですが、店の外の壁や食券機にいろいろありました。辛い物好きなくせに「唐魂ラーメン」を食べていませんが、今度試してみたいです。『川崎家』の「ピリピリラーメン」は『地獄ラーメン』に似たお味でしたが、こちらは?

今日のメニュー

ラーメン
メニュー名
ラーメン
お値段
680円
お気に入り度
★★★☆☆ 普通
満足度
★★★★☆ 良い!
ボリューム
★★☆☆☆ 控えめ
味付け
★★★★☆ 強め
売り

駅近!

濃厚でクリーミーな豚骨スープ!!

食事の構成

黒切立丼

家系ではスタンダードな小振りなどんぶりです。

やはり、原価とニーズからスープを少なくするためですかね? おそらく一番原価がかかっているスープながら、一番残されがち。もったいないですからね。売値も抑えられますし。

極太麺ストレート

平打ちのもっちりした麺です。

最近は環境とコストのために樹脂製のリターナル箸が多いですが、油の多いラーメンでは麺が滑って食べづらかったりします。こちらは平打ち麺なのでそうでもないですが、幼児やお年寄りには厳しいかもしれませんね。

スープ
濃厚豚骨醤油

豚骨の旨味が濃厚でクリーミーなスープです。

器が小さいため、麺を入れるとタレとスープが美味く混ざらないせいか、底にタレが溜まっています。しかしながら、最初にスープを啜ると、タレに邪魔されない純粋なスープの味に彷彿となるのが豚骨好き。スープの出来の良さがわかります。

あぶら
鶏油

クセのないあっさりめな脂。

焼豚
しっかり

豚バラ三枚肉のチャーシューです。

味付けは控えめで、肉と脂の旨味が愉しめます。赤身の歯応えと脂身の柔らかさの食感の違いもいいですね。

彩り青菜
茹でほうれん草

搾ったほうれん草が盛られています。

家系スタンダードなんでしょうね。搾ったままで、ほぐさないで盛り付けるのは。スープを吸わせて食べるのが本式?

味が抜け気味だったのが残念です。

海苔
大判3枚

家系の豪快さを表す海苔です。

大判3枚を縁に立てることで、見た目に豪快な印象を与えます。

卓上調味料など

卓上調味料など
最近の家系に見られる生のタマネギやショウガの刻みは、くど過ぎる嫌いのある濃厚スープをさっぱりしてくれていいですね。

私はタマネギを多めにしてショウガを少し、そしてニンニクを山盛りで入れます。半分以上食べて口飽きしてきたら、豆板醤もいいですよ。

「キューちゃん」はご飯のお供でしょうね。まさか、ラーメンには...。

コショウ

ゴマ

豆板醤

きざみショウガ

きざみタマネギ

おろしニンニク

キューちゃん

他のメニュー

ラーメンに卓上調味料をのせて

2016/11/06

ラーメンに卓上調味料をのせて

おろしニンニクを山盛りにし、きざみショウガを少々、タマネギをたっぷり盛り付け、ゴマを振りました!
味玉ラーメン

2019/02/24

味玉ラーメン

830円

既訪のお店でブログの更新のお茶を濁しているようですが、久しぶりの『まくり家』です。

今回は"味玉"にしました。『武松家』と同じく『まくり家』にも"スペシャル"があるんですが、900円強のお値段にビビりました。まぁ、『武松家』では"スペシャル"を紹介しているので、いずれ『まくり家』も。

さて、今回は"味玉ラーメン"です。味玉は火の通りがちょっと強く、黄身の中程は半熟ですが、外側は固茹ででした。玉子自体は詰め込んで漬けこんでいるのか、若干横側が潰れていましたが、黄身にも塩気が回っていました(スープのせいかもしれませんが)。

味濃いめで他は全部普通にしたんですが、塩気が強いですね。味薄めで油多めにして、豆板醤を足した方がよかったかな。もちろん、ニンニク、刻みタマネギ、刻みショウガはしっかり加えましたがね。博多もんとしては、ゴマが卓上にあることが嬉しいです。

「食べログ」

nts-001
.A12410,.A1A000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『まくり家 川崎店』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜 貧乏リーマンの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる