十勝豚丼 ~ 丼飯!<8> ~

十勝豚丼

種類
丼物
カロリー
917.3kcal
十勝豚丼
今回は甘辛醤油ダレの旨味が特徴の十勝帯広豚丼です。炭焼きが本筋のようなので魚焼き用の網で焼きましたが、これが香ばしくて大変美味しいです。フライパンが手軽ですが、ぜひ網焼きにしてほしいです。

十勝帯広の郷土料理の豚丼。発祥は帯広の「ぱんちょう」さんが、鰻丼を参考に昭和8年に作り出したそうです。醤油の旨味と砂糖のコクが要で、やはり鰻の蒲焼ばりの網焼きが一番です。

高カロリーですが、半分以上はご飯のカロリーです。若い方や体を動かす仕事の方には最適な丼物です。

材料(1人分)

ご飯
3/4合
豚ロース肉(5mm厚)
120g
グリーンピース
7g
【豚丼のタレ】
濃口醤油
大さじ2
日本酒
大さじ2
みりん
大さじ1
砂糖
大さじ1

補足

豚肉は見栄えの良い生姜焼き用の5mm厚のスライス肉を用意しましたが、薄切り肉でもいいでしょう
グリーンピースは彩りなので、細ネギの小口切りや三つ葉でもいいでしょう

作り方

1
ご飯は少し固めに炊き上げます
2
タレの材料を全てフライパンに入れ、強火で煮立てます
3
煮立ったら2~3分ほど煮詰めて火を止めます
4
豚肉は4~5cm幅に切り、スジ切りをし、グリーンピースは茹でておきます
5
焼き網を強火で熱して温め、サラダ油(分量外)を焼き網に塗っておきます
6
焼き網に豚肉を広げて並べ、焼きめが付いたものから反します
7
両面に焼きめが付いた肉からフライパンのタレに絡めます
8
タレを乾かすように肉の両面を炙り、タレを絡め、を都合3回繰り返します
9
ご飯を温めた丼に盛ってフライパンに残ったタレの1/3を回しかけ、豚肉を広げて盛って残りのタレを回しかけます
10
最後にグリーンピースを飾って完成です

補足

調理時間は10分程ですので、ご飯の蒸らしに入ったらスタート
タレを煮ている間に手早く豚肉を仕込みます
グリーンピースは味噌を入れる前の味噌汁で茹でました
今回は炭火焼をイメージして焼き網を使いましたが、フライパンで調理するレシピが多かったです
フライパンの場合は肉を両面焼き付けた後、タレを加えて絡めながら焼きます
焼き網の場合は、タレを絡めたら焦げないように手早く焼きます
肉を並べ終わったらそのまま並べた順に肉を反し、並べた順からタレに絡め、と繰り返します
豚の脂が焼けて煙がすごいので換気扇を回しましょう
※私は火災報知機が鳴ってしまいました

使い方

【豚丼のタレ】は肉をドブ漬けにするので肉の旨味がタレに加わります。今回は使い切りにしましたが、多めに作って継ぎ足しにすると旨味が熟成されてより美味しいタレになりそうです。

豚丼以外に豚野菜炒めや焼そば、豚チャーハン、ポークソテー、回鍋肉の味付けに使えるでしょう

保存方法

冷蔵保存

タレは水を使っていないので、冷まして固まった脂を除いたら、熱湯消毒したビンで保存です。冷蔵庫で2~3ヶ月は持つでしょう。2~3ヶ月おきに火入れをすれば、そのまま保存期間延長です。
※私の自家製の焼豚のタレや焼き鳥のタレは継ぎ足しで10年以上経っていますが、特にカビもなく傷んでもいません
※カロリーを表示している場合、栄養成分表に基づいてグラム換算で算出しています
※ただし、使用した食材にカロリー表示がある場合は、そちらのカロリーで算出しています
電子レンジで温めるだけの簡単調理!
十勝名産 豚丼の具(一人前)×3セット(帯広ブタドン・トカチぶたどん)【千歳ラム工房】【北海道 肉の山本】
厳選!北海道グルメ かに匠
豚丼の具3セット 内容 お得な3セット入り 十勝名産 豚丼一人前×3セット 味付け豚ロース3枚(合計


楽天市場 by 十勝名産 豚丼の具(一人前)×3セット(帯広ブタドン・トカチぶたどん)【千歳ラム工房】【北海道 肉の山本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
こちらは焼かなければなりませんが、本場の肉とタレを堪能できます!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック