貧乏リーマンの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『舎鈴』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 新横浜駅周辺 〜

<<   作成日時 : 2017/09/22 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お店情報

舎鈴 キュービックプラザ新横浜・グルメストリート店
料理
ラーメン
地域
新横浜駅周辺
店名
舎鈴 キュービックプラザ新横浜・グルメストリート店
所在地
神奈川県横浜市港北区新横浜 2-100-45
キュービックプラザ新横浜 1F
経営・系列
株式会社 松富士食品
『六厘舎』から法人化
喫煙
不可
紹介訪問日
2017/04/21
天気
曇り時々晴れ
客入り
満席行列!
衛生
きれい

お店の概要

『舎鈴 キュービックプラザ新横浜店』はJR新横浜駅構内のキュービックプラザ別館に2017年3月7日にオープンしたお店です。『らーめん 点心 鐵匠』の跡地ですね。

近隣、というか、新横浜駅周辺はラーメン不毛の地で、競合は少ないわけですが、『舎鈴 キュービックプラザ新横浜店』の斜め前には2017年3月27日に『一風堂』が開店しました。JR東海のボッタクリ故のテナント料の高さ故でしょうが、ホームページ記載の料金より高めです。しかしながら、『吉野家』と競争できるほどの価格設定でしょう。

『舎鈴』はつけ麺で有名な『六厘舎』のネクスト・ブランドです。『六厘舎』は開店当初は苦戦しながらも、2年足らずで法人化できるほどの人気を博し、ネクスト・ブランドに注力しながら勢力を拡大しています。本店は人気故に休業状態ですが、二郎系と同種の『ジャンク・ガレッジ』のようなラーメン店も展開しています。

新横浜では新装開店から1ヶ月は昼も夜も行列でしたが、1ヶ月を過ぎて落ち着いてきました。と、言ってもつけ麺の有名店です。昼時は混雑します。11時半前か13時過ぎがランチ時の入店の狙い目です。

ただ、拘り故か見込み調理をしないので、席についてから料理が出てくるまで10分は待ちます。日常で使うには、勤め人の限られたランチタイムでは少し厳しいですね。

店内・サービス

入口左側がレジで、右側から奥に厨房があり、それを囲んでL字型のカウンター席があります。メインは4人掛けテーブル席で、店の左側のレジから奥に続いています。レイアウト自体は『らーめん 点心 鐵匠』と大きな違いはありませんが、居抜きではなくて内外装を刷新しています。

席数も多いこともあって、ホール係りも含めてスタッフは多めですね。混雑時は相応に稼働していますが、吞みではなく食事が主体のお店なので、昼時を外れると席数50%程度になって暇を持て余しています。

料理の感想

汁あり・なしに関わらず、動物系のコクと魚介の風味を求めながらも、コッテリやギトギトではないラーメンですね。また、最近の有名店の例に漏れず、食材には調理も含めて拘った感が前面に出ています。普通っぽいけど何故だか上等、みたいな仕上がりのラーメンでした。

"毎日食べられる"、と謳う基盤は"普通なんだけど上質"、にあるんでしょう。確かに、価格的に品質は上等です。立ち食いそばや牛丼チェーンに勝る価格・品質で、それらに替わるだけの商品を提供しています。お金がないから毎日そばや牛丼、が毎日ラーメンに替わる可能性を示唆しているでしょう。

『舎鈴 キュービックプラザ新横浜店』では、つけめん、ラーメン、油そばなどの豊富なメニューを揃えています。しかも、中華そば税込550円は同じキュービックプラザの『リンガーハット』のちゃんぽん税抜580円を上回ってしまうでしょう。ちゃんぽんは麺大盛無料ですが、『舎鈴』は普通に大盛相当です。

今日のメニュー

つけめん 中盛
メニュー名
つけめん 中盛
お値段
650円 + 100円
お気に入り度
★★★☆☆ 普通
満足度
★★★☆☆ 普通
ボリューム
★★★★☆ 多目!
味付け
★★★★☆ 強め

食事の構成

黒高台丼

つけスープは青字の模様丼、麺は黒字の丼です。

中太麺ストレート

黒みがかったモチモチとしてツルツルとした麺です。加水率がやや低くめでうどんより硬めです。

麺の量は並盛で330g。一般的なラーメンの麺の量は200g強なので、大盛りと同程度ですね。ただ、つけめんはスープが少ない分、多くのお店では麺の量は多めになっています。

今回は100円足して中盛にしたので500g。意外にツルっと食べられましたが、その後は体が重かったです。

ちなみに、『舎鈴』の汁あり麺は中麺で多加水麺でした。

スープ
濃厚魚介

濃厚な動物系スープに、魚粉の風味を加えたつけスープです。よくあるコッテリ系ドロドロではありませんが、甘味の強いつゆでした。

"毎日食べられる美味しいつけめん"を目指しただけあって、コクはありながらももクドさはありません。500gの麺を食べても口飽きはしませんでした。計算された味加減を感じます。

焼豚
厚めしっかり

しっかりとした噛み応えのあるチャーシューです。脂身は少なくて肉の味もしっかり感じられます。ただの煮豚ではない、拘りの調理を感じました。

カマボコ・ナルト
ナルト

ナルトは最初からつけスープに入っています。

メンマ
短冊しゃっきり

適度に味が入ったシャッキリとしたメンマでした。つけスープの風味が強いせいか、豚玉中華そばで感じたメンマ自体の風味は、今回は感じられませんでした。

ネギ
白ネギ小口切り

最初からつけスープに入っていますが、つけスープに負けてしまっていますね。

後乗せで風味と清涼感を加味するか、粗微塵にするかタマネギの方が『舎鈴』のつけスープには合うと思います。

海苔
大判1枚

麺の上に置かれています。

普段はスープに浸って食感が損なわれている、なんて頭の中で文句を言っているんですが、浸っていなければ逆にスープに浸してしまう自分が理解できません。

適度にスープに浸した後、麺の上に乗せて麺にスープを馴染ませておきました。

卓上調味料など

卓上調味料など
コショウ、ラー油、酢、七味です。

特製七味はつけめんの味変に使うといいかもしれません。
コショウ
ラー油
特製焙煎七味 黒

他のメニュー

豚玉中華そば
2017/03/23
豚玉中華そば
750円
開店してから20日。やっと入店することができました。と、言っても、13時15分位で4人待ち。そして、注文してからも10分は待ちました。

ラーメンの感想は、懐かしい東京風中華そばながら、食材のグレードを高めた感じです。

スープは半濁ですがこってりではなく、でもあっさり程でもありません。ショウガの利いた醤油ダレが強調されていて、節類を煮込んだ酸味が強めに感じられました。

トッピングはつけめんと同じ。つけめんにはない半熟煮玉子はギリギリ半熟加減です。
担々麺 中盛(+100円)
2017/09/22
担々麺 中盛(+100円)
690円
結構な食材を使用しながらお手軽なお値段が有り難い『舎鈴』ですが、入店と料理提供までの待ち時間がちょっと課題ですかね。

それはさておき、本日は担々麺の中盛(330g)を頂きました。味加減はちょっとぼやけた感じですが、お値段からすれば上々です。

麺は汁有系の中麺で、今日は少しヤワメな茹で加減。トッピングは肉みそに茹でほうれん草とメンマ、それに白ネギの小口切りです。茹でほうれん草が冷え冷えなのが残念。

スープは中華そばのものと思われますが、控えめな練りゴマと豆板醤、それにラー油で味を調えてあります。辛さもほとんどないので、お子様でも安心して食べられるでしょう。
.A11700,.A11800,.A11100,.A22110,.A1A000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『舎鈴』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 新横浜駅周辺 〜 貧乏リーマンの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる