貧乏リーマンの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『徳島中華そば 徳福 川崎店』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜

<<   作成日時 : 2017/04/04 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お店情報

徳島中華そば 徳福 川崎店
料理
ラーメン
地域
川崎駅周辺
店名
徳島中華そば 徳福 川崎店
所在地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町7
川崎モアーズ 7F
経営・系列
株式会社 オムニプランニング
喫煙
不可(店外に喫煙場所あり)
無料・割引サービスなど
生卵(2個まで)無料
麺大盛り無料
ライス無料(平日ランチタイムのみ)
紹介訪問日
2017/04/02
天気
曇り時々晴れ
客入り
満席行列!
衛生
きれい

お店の概要

掲載が遅くなりました。

紹介訪問日当日は執筆中に酔っ払って翌日に回しましたが、飲み会だったのを忘れていました。そして、ビッグローブ特有のエラーでブログが公開できず。

そんなわけで、中一日空けての紹介です。ビッグローブの経営が代わったことで、経営陣も一掃して改善してくれればユーザーも多少は料金を払う価値がでるんですがね。

『徳島中華そば 徳福』はJR川崎駅東口にある岡田屋モアーズの7階にあるラーメン店です。駅を出てロータリーを抜けて道路を渡り、左に曲がって歩くと、たちばな通りの入り口にぶつかります。この角にあるビルが岡田屋モアーズ(MORE'S)です。雨の日は地下のアゼリアを経由して直接モアーズ地下に入ると、濡れずに済みます(紳士服の青山店内を通ります)。

『徳島中華そば 徳福』と同じフロアには、私のお気に入りの『東京豚骨ラーメン 屯ちん』が入っています。賑わいはやはりお値段と首都圏の嗜好もあってか、『屯ちん』が上です。しかし、『徳福』のラーメンの愉しみ方は、家系の油そばのように多様性があります。

さて、『徳島中華そば 徳福』は「株式会社 オムニプランニング」という横浜の会社が運営するお店です。他に「熊本黒拉麺 清正」などを運営しており、地ラーメン店を主体としたFC展開を進めています。

休日のランチタイムは団体席が少ないこともあり、家族連れなどで込み合うことがあります。ですが、平日のランチタイムでも行列になることはまれでしょう。個人や二人なら入りやすいお店です。

店内・サービス

『徳島中華そば 徳福』の店内は中央奥が厨房になっており、それをコの字型に囲んで客席が配置されています。入口右側は食券機があって、奥に向かって4人掛けのボックス席があります。左側は通路沿いから壁にかけてL字に2人掛けのテーブル席が続きます。ちなみにカウンター席は3人分のみ(残りの席は給仕用で使っています)。

厨房は中年の親父が一人で切り盛りし、ホールはアジア人のアルバイトが1〜2人です。ホール係りはかなり日本語が片言ですが、キビキビと働いて愛想もいいですね。チェーン展開の上でスタッフの教育に力を入れているのか、いい人材に絞って採用しているのか。

中年親父としては言葉が片言でも、かわいい笑顔で接客してくれる若い女の子に癒されてしまいました(個人の感想です)。

料理の感想

『徳福』のラーメンは、醤油ベースのスープですが、徳島ならではの甘辛味に仕上げられています。そして、チャーシューに替わる甘辛く煮付けた豚バラ肉。それにすき焼き風に生卵を絡めて食べる独自のスタイル。

一風変わったラーメンでクセがあるので、馴染みのない首都圏では好みが分かれそうです。でも、おろしニンニクや無料の生卵がスープに馴染むことで、クセは気にならなくなります。味のイメージとしては、"ご飯の代わりに麺が入ったつゆたっぷりの豚丼"、ですね。

『徳福』では徳島とは縁もゆかりもない、タンタン麺や台湾まぜそばなんかもあります。徳島ラーメンに加えて、これらのラーメンの美味しい食べ方が店内に貼られています。

卓上調味料や生卵などを活用すれば、家系油そばと同様に創意工夫に溢れたラーメンを食べることができるでしょう。

ちなみに、激辛系もありました。ぜひとも食べてみたいラーメンです。

今日のメニュー

中華そば
中華そば
メニュー名
中華そば
お値段
720円(麺大盛)
お気に入り度
★★★☆☆ 普通
満足度
★★★☆☆ 普通
ボリューム
★★★☆☆ 普通
味付け
★★★☆☆ 丁度!

食事の構成

白多用丼

赤字で店名が入っています。シンプルです。

中細麺ストレート

中細の丸麺ストレートです。

個人的には食べやすくて好みの麺です。大盛にすると、麺がスープに泳がないので持ち上げづらいです。

加水率は控えめなのか、もっちりとぷっつりが丁度のバランスでした。その分、どちらかが好みの方には中途半端かもしれません。

スープ
醤油

甘辛味が特徴の醤油豚骨のスープです。

スープ自体は半濁ですが味は強くなく、豚脂が浮いていますがコッテリではありません。甘辛く煮付けた豚バラ肉もあって、スープは独特の甘辛さです。

お店の貼り紙にもありますが、こだわりのコショウを振ると味に深みがでるそうです。

おろしニンニクもお奨めとのことで、私は結構な量を入れます。たしかに、スープとの相性はいいですし、甘辛さのクセも気にならなくなりますね。

焼豚
豚バラ肉

チャーシューに替わって、甘辛く味付けされた豚バラが盛られています。

豚バラ肉はやや強めの甘辛さ加減で、肉自体の味も感じられます。溶き卵を絡めることを前提に仕上げているんだと思います。生姜焼きや豚丼に似た味わいです。

徳島経験がないからでしょうか? 無性にこの豚バラ肉をご飯にのせて、溶き卵で食べたくなりました。

玉子
生卵

2個まで無料です。

1個は容赦なく、茶わんに乗せられて供されます。まずはトッピングの豚肉に絡めるための1個です。茶碗で卵を溶くか、生卵を肉にのせて食べながら溶いていくか、は自由です。

店員さんに注文すれば、もう1個がもらえます。平日ランチのご飯を卵かけご飯にするといいでしょう。お店にもそういった張り紙がありますね。あるいは、スープに溶いて甘辛のクセを抑えることにも使えます。

メンマ
短冊しゃっきり

短いメンマで懐かしい味付けです。

歯応えはしゃっきりとしていて、味付けもスッキリしています。

野菜
茹でモヤシ

しゃっきりと茹で上げられたモヤシです。

ネギよりもスープに清涼感を与えていますね。個人的には、豚肉と一緒にネギとモヤシを加えて溶き卵と食べるといい感じです。

ネギ
白ネギ小口切り

青い部分が小口で結構入っています。

味的な効果ではなく、彩ですね。

卓上調味料など

卓上調味料など
自家製ダレは醤油と塩があって、ラーメンやサイドメニューによって使い分けするといいようです。容器に対象料理が貼ってあるので参考にしましょう。

マヨネーズやおろしニンニクにラー油など、家系油そばでも見かける調味料は、特に汁なし麺ではジャンクで活用できるでしょう。ただし、味加減には注意しないと食べられないものになります。

個人的に、博多もんなのでゴマが欲しかった点と、豚丼風な感じもあったので紅ショウガ(これは首都圏では受け入れられなそう)も欲しかったです。
自家製塩ダレ
拘りのコショウ
マヨネーズ
ラー油
自家製醤油ダレ

他のメニュー

肉玉そば
2016/12/18
肉玉そば
980円
徳島ラーメンは初めてでした。普通の中華そばは紹介用にまわして、今回はちょっと贅沢に"肉玉そば"にしました。

基本的には中華そばと同じですが、甘辛肉がたっぷりのっていて塩味が強めの煮玉子が付きます。肉が多い分、スープも甘辛味が強めになっています。

中華そばとの200円差は大きいですが、こちらの方が肉が多い分だけ満足感が大きいですね。
お品書き
2017/04/02
お品書き
メインのお品書きです。この外にもメニューはありますよ。激辛系ラーメンとか。

「食べログ」

「食べログ」の評価(評点)に関して
「食べログ」における評価は、当ブログも含めてあくまでも個人の嗜好と主観による判定であり、万人向けの絶対の基準ではありません! お好みのお店を探すにあたっては、評価(評点)ではなく複数件の直近のレビューを閲覧され、具体的な料理の味やサービスなどを参考にされることをお薦めいたします。
.A12800,.A1A000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『徳島中華そば 徳福 川崎店』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜 貧乏リーマンの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる