貧乏リーマンの戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『武松家』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜

<<   作成日時 : 2017/06/24 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/24 7年ぶりの再訪により、大幅に内容を変更しています。

お店情報

武松家
料理
ラーメン
地域
川崎駅周辺
店名
武松家 仲見世通り本店
所在地
神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-5
仲見世共同ビル 1階
経営・系列
壱六家系
喫煙
不可(店外に喫煙場所あり)
無料・割引サービスなど
ライス無料(ランチタイム)
\100パスポート(詳細は「他のメニューを参照」)
紹介訪問日
2017/06/24
天気
快晴
客入り
そこそこ
衛生
きれい

お店の概要

『武松家』は仲見世通りの第一京浜寄りにある家系のラーメン屋です。JR川崎駅から徒歩10分弱。京急川崎駅からは10分は歩くでしょう。

再訪に伴い、2010年8月12日(お盆)の記事を再編集しました。当時はガラケーでお店の外観のみの写真でしたが、今回はラーメンの写真もあります。以前から、2016年ブログ再開以前のお店の再訪を考えていましたが、『武松家』がその第一弾ですね。

仲見世通り自体には、ラーメン屋は他に『暖慕』位しかありませんが、1本隣の大通りの新川通りには『喜多方ラーメン 小法師 川崎東田店』、中華麺料理のお店、『野郎らーめん』、『武松家 新川通り店(このお店の2号店)』があります。新川通りと市役所通りに挟まれた区画は川崎駅のラーメン最大激戦区で、他にもラーメン屋が軒を重ねています。

『壱六家』系らしいですが、詳しいことはわかりません。そういえば、新川通り沿いの2号店は『壱六家 川崎店』の跡地ですね。

今日は平日でしたので、客入りはそこそこでしたが、平日のランチタイムは相応にお客さんが来ます。多少、待たされることがあるでしょう。

ただ、2010年に訪問した際と比べて客入りは減ったように思います。当時は、新川通り・市役所通りエリアには他に5軒しかラーメン屋がありませんでしたからね。

店内・サービス

外観はシックなお店で、赤い大きな看板が大変目立っています。中は大変綺麗で、カウンター席のみでこじんまりしています。入口右に食券機があり、左側の中央が厨房で、それを囲むようにカウンター席があります。

ラーメンはカウンター前の壁となっている台に提供されます。女性や子供、お年寄りではそこから持ち上げてカウンターに下すのは大変かもしれませんね。ただ、"熱いので気を付けて"、と言ってくれるのは親切です。スマホに夢中になっている若者はお構いなしに丼を掴んで、熱さに驚いてラーメンを落としてしまいそうですからね。

店主のみの営業で、2010年にいた若いにーちゃんの成長した姿なのかはわかりません。店舗の規模から1人で十分でしょう。混雑時に2人でしょうね。

料理の感想

大雑把に以前訪問時とお味は変わっていないかな、と思います(そんなことは聞いていない?)。

他の家系よりも細めの麺で、豚骨と醤油が強いスープです。そして、どんぶりもより小ぶりに。"味濃いめ"ですね。麺もかためになっています。家系でも味の締まった加減が好きな方にお薦めでしょう。

2010年訪問時より50円値段が上がっていましたが、7年の歳月が過ぎているので仕方ありません。以前は拍子切りのメンマがのっていたんですが、なくなったんですね。時勢を感じますよ。

味噌や塩も健在のようです。辛い系の混ぜ麺も増えていました。久しぶりの再訪問なのでスペシャルにすれば良かったかな...。1時間前に他のラーメン屋で食事をしたので、それは無理。そのお店のラーメンが非常に不満だったので、口直しに立ち寄った次第で。

お値段的には近隣の家系老舗よりも少しだけ割高。川崎駅周辺だと普通にラーメンは700円までが相場になっていますからね。しかしながら、訳ありやパスポートは、このお店を気に入っている方には最良のサービスだと思います。

今日のメニュー

醤油豚骨ラーメン
メニュー名
醤油豚骨ラーメン
お値段
750円([利用した割引等サービス])
お気に入り度
★★★☆☆ 普通
満足度
★★★☆☆ 普通
ボリューム
★★☆☆☆ 控えめ
味付け
★★★★☆ 強め

食事の構成

白切立丼

小ぶりな家系の器より、さらに小ぶりなどんぶりです。

麺がぎちぎちに入っていますので、卓上調味料を使用する方は注意ですね。味が全体に広がりません。麺全体を混ぜるか、麺を1/3程食べてから加えるといいでしょう。私は食べてから加えましたよ。

中細麺ストレート

一般的な家系の麺よりは細めです。こちらではかたさ"普通"でも若干かためな茹で上がりです。弾力があって、プツンと切れる感じが好きですね。

スープ
濃厚醤油豚骨

家系ならではの脂の浮いたこってり醤油豚骨スープです。

2010年当時は、他の家系とのスープの違いがわかりませんでした。家系は以前の住まいの近所の『六角家(今は、上々家)』ばかりで、後は年に一回『武蔵家 大井町店』でしたから。そんなわけで、編集前の当記事では、"他の家系と大差ない"と、掲載しました。

すいません。そんなことないですよね。

豚骨味が強めになっていて、『壱六家』よりも醤油が利いた仕上がりになっています。塩気は程良いです。表現ができませんが、まったりした感じ(わからん!)ですね。

あぶら
鶏油

量的には普通ですが、器のサイズから多めに見えます。

焼豚
大振りしっかり

豚バラ肉か脂身の付いた肩肉を巻いたチャーシューです。

巻が弱いのか、ちょっとほどけていますね。

味がしっかり付いていて、硬めですが食べるとそうでもありません。これなら、切れ端のぶつ切りチャーシュー100円をトッピングしてもいいですね。

玉子
ウズラ茹で玉子

2010年当時、ウズラの茹で玉子がのっている家系は珍しいと思いました。秋葉原で食べた『港家』(閉店)位しか知りませんでした。あちらは半熟でしたが、こちらは固茹でです。

家系でも流派があるんですね。『壱六家』もウズラの玉子がのっていますから。

彩り青菜
茹でほうれん草

以前と同様に若干茹で過ぎなほうれん草です。

量は他の家系よりも多めですね。以前と違う点は、かたまりのままではなく、多少はほぐしてあることです。それだけでも食べやすいですよ。

ネギ
青ネギ刻みネギ

粗めに刻んだネギが盛られています。スープが少ないので、全体に回りきれないところが難点。おしゃれに一か所に盛らずに、全体に散らすのもありですね。

海苔
大判3枚

卓上調味料など

卓上調味料など
奥左からゴマ、コショウ、酢。手前左から、豆板醤、ニンニクです。

ゴマ好きな博多もんなので、ゴマがあれば振ってしまいます。擂っていないので、栄養的には体に吸収されませんがね。ニンニクは臭いが強めでした。それだけ、鮮度がいいんでしょう。たっぷり入れました。
ゴマ
コショウ
豆板醤
おろしニンニク

他のメニュー

2010/08/12 訪問時の店舗外観
2010/08/12 訪問時の店舗外観
当時と比べると、"濃厚豚骨らーめん"というのれんや、料理の写真を店外に貼ったりと、お店の味をアピールするようになりました。

その分、"家系"のアピールが弱くなった感がしてしまいます。
訳ありトッピング
訳ありトッピング
茹で玉子ではよくある割れたり、傷が入ってしまった玉子を30円でトッピングできます。チャーシューの切れ端を刻んで100円もお得感がありますね。
\100パスポート
\100パスポート
月末日にラーメンを食べると配布されるお得なチケットです。

なんと、2ヶ月間何度でも、100円トッピング、麺大盛り、小ライスのいずれかが無料です。しかも、同伴者まで同じ優待を受けられるんですから大奮発なサービスですね。

「食べログ」

「食べログ」の評価(評点)に関して
「食べログ」における評価は、当ブログも含めてあくまでも個人の嗜好と主観による判定であり、万人向けの絶対の基準ではありません! お好みのお店を探すにあたっては、評価(評点)ではなく複数件の直近のレビューを閲覧され、具体的な料理の味やサービスなどを参考にされることをお薦めいたします。
.A12410,.A1A000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『武松家』 〜 今日のランチ!− ラーメン編 川崎駅周辺 〜 貧乏リーマンの戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる